2020年01月24日

稼がない男

c。 (DO BOOKS) - 西園寺 マキエ
稼がない男。 (DO BOOKS) - 西園寺 マキエ

稼がない男
西園寺 マキエ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
内容(「BOOK」データベースより)
手取り11万円、47歳・フリーター。
「金は生きていく上で必要最低限あればいい」
他人にも時代にも流されず、
“安定の超低空飛行”を続ける男・野口ヨシオ。
そんなヨシオとつきあってきた、
フリーライター・マキエが描く、ふたりの17年。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに楽しく読めたエッセイ?でした。

『稼がない男』であるヨシオ。
早稲田卒業、留学経験もあり英語もできる。
能力がなかったり、怠け者だったりするわけでもなく
『生きて食う絵で必要最低限あればいい』と
稼ぐことに嫌悪感すらあるヨシオ。

バブルを経験したきた著者さんとその彼氏さんのヨシオ。
なんというか質素に楽しく暮らしていて、
『小さな生活』感がとても楽しかった。

とにかく、ヨシオの人柄がすばらしいなあと。

『お金』はもちろんないよりあったほうがいいし、大事なものだと思う。
けど、こういうパートナーと長年関係を築けるというのは
お金より尊いものだよなあと心底思った。

ヨシオみたいな人落ちてないかなあw

『自分をまっとうする』ことにこだわるヨシオ

ヨシオ「おれに言わせれば、自分らしく生きて自分をまっとうしたいという意識が、
みんな低すぎる気がしてならない。」


17年つきあっても『結婚』はしない、という結論になっていたお二人。
読了後に現状が気になったので、著者さんの名前でググるとブログ発見。

なんと結婚されたそうで。

「50歳すぎで白無垢に挑戦した」と書かれていました。

作中40歳手前で結婚式ならぬ『結ぽん式』という二人での式は
ドレスでされていたから、本番は白無垢だったのかなあ。

年齢なんて関係ない!その人がよかったら・満足だったら
人生それでいいよなあと深く思いました。
posted by える at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
月額880円からの高性能クラウドレンタルサーバー